トップページ

    このサイトではポルシェの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「ポルシェの買取相場をチェックして高く買い取りをしてくれる業者に売りたい!」と感じている場合はこのページで紹介しているオススメの車買取業者で調べてみてください。

    ドイツ車のポルシェを高く査定してもらうために外せないのが「何社かの車買取業者で査定をしてもらう」ということ。1つの買取店のみとか近所のポルシェ正規ディーラーで下取りをお願いしようと思っているなら明らかに損をするので注意してください。

    中古車一括査定サイトなら入力も数分で終わるくらいカンタンです。複数の車買取会社からの査定額を比べることができるので、ポルシェ(Porsche AG)の買取値段の相場を調べる手間が省けます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、有名企業のリクルートが運営する中古車高額買取のための無料の一括査定サイト。中古車情報ならカーセンサーという人もいるくらい人気のサービスなので安心して使えます。

    登録業者も約1000社と圧倒的な数!最大50社にポルシェの買取査定の依頼をすることが可能。

    中古車の一括サービスは利用するといつくかの車買取業者から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合はメールでの連絡を希望すれば電話での連絡はありません。しかも、地方対応で利用料は無料です。

    「少しでも高く売りたいからポルシェの買取相場を知りたいけど、営業電話は受けたくない…」と思っているならメールで査定額を提示してくれるカーセンサーがおすすめできます。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐにあなたが今乗っているポルシェの買取相場が表示されるだけでなく、個人情報が送信されない為、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという今までなかった画期的なサービス。

    オークション形式で最大2000社の買取業者が入札価格を提示するので、高級車のポルシェを高額買取してくれる買取業者が見つけられます。

    一般的な車査定一括サービスであれば、申し込みをすると多くの業者から見積もりの営業電話があるのが当たり前だったのですが、ユーカーパックを使った場合は電話は1社からのみなので、電話対応で忙しくなることもないですし、しつこいセールスを心配する必要はありません。ポルシェの実車査定も自宅かガソリンスタンドでの1回のみです。

    電話も査定も1回のみで最大2000社もの車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今までになかった新しいサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車買取一括サービス。1分もかからずに入力が終わりますし、申し込みと同時に中古車の概算相場が分かるので、「簡単に数年落ちのポルシェの買取相場がネットで分かるなら…」と感じているならおすすめです。

    申し込み後は複数の買取業者から電話がありますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査をクリアした優良買取業者だけが登録しているので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。買取店から電話がかかってきた時は1社で決めてしまうことはせずに、いくつかの会社に査定してもらうことで数年落ちのポルシェでも高く買い取ってもらうことができます。

    最大で10社がポルシェの買取査定をしてくれるため、一番高い金額を提示してくれた車買取業者にあなたが大切に乗ってきたポルシェを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すれば中古車の査定相場が分かる代表的な一括査定サイト。提携業者は200社以上あり、複数の業者がドイツ車のポルシェを査定します。

    1社でも多くの業者に査定額を出してもらうことで買取業者ごとの査定額を比べることが可能になるので、いつくかの車買取業者にお願いして数年間大切にしてきたポルシェを1円でも高く売ることをおすすめします。

    累計利用者数100万人以上の安心実績がありますし、サポートチームも充実しているので安心して査定依頼をすることができます。






    外車王

     外車王は、その名称から分かる通り輸入車や外車に特化した外車買取店です。17年間、外車・輸入車を専門に買い取っており、1年間の取扱台数は輸入車のみで1500台。全国対応で出張査定の費用はかかりません。

    外車王は外車・輸入車に特化した輸入車の買取専門業者なので、ドイツ車のポルシェなら一般の買取店より高額買取が実現することがあります。ですから、ドイツ車のポルシェであれば先にランキング上位の車買取の一括査定サイトを使って概算査定額を調べてみてください。

    複数の買取専門業者に査定をしてもらった後で、最後に外車王に査定をお願いするのがおすすめです。買取相場よりも高い買取金額を提示してくれた時にはあなたが大切にしてきたポルシェを売りましょう。







    買取希望の中古車を査定する際の基準にはいろいろありますが、中でも非常に大きく関係するのが走行距離です。

    ほとんどの場合、走行距離が長いほどドンドン低く見積もられることになります。

    走行距離が5万キロメートルを越えてしまった車は一般的に多走行車と呼んでいて、中古車の見積額をマイナスにする要因となり始めることがあるのです。

    10万kmを越えて走っている車は過走行車という名称で呼ばれ、査定金額がつかない場合も多いです。

    中古車買取において、売却時に車検がまだ一年一ヶ月以上あれば、買取店舗によっても多少の違いはあるでしょうが、概算で数万円ほどの査定金額のアップになることが予想されます。

    しかしながら、車検まで1年以下しか残っていないときには車検までの期間に応じて査定金額が変動したりすることはありません。

    残りの車検が長い方が査定に良い影響を及ぼすといっても、実際に売買する直前に車検を通してもあらかじめ車検をするために掛かった以上の金額が査定価格にプラスされることはありませんから、手間と時間を掛けて事前に車検を通す必要は全くないでしょう。

    買取希望の車の査定基準は、車の年式や走行距離の程度、内装やボディーの傷などの有無や事故歴の有無などです。

    これら査定基準のうち車の外装と内装については、買取査定してもらう前に個人でしっかりと清掃を行っておくことで見積金額に良い影響を及ぼすことができます。

    事故歴の有無は嘘をついても査定士には直ぐに見抜かれますので、最初に断っておくべきです。

    このベースとなる基準を確認してから、中古車オークションでのその車の査定相場を加味して、見積金額を算出します。

    車を買ったディーラーで下取りをしてもらうのであれば、古い車と新しい車の乗り換えはタイミングを計って行われます。

    ただ、自分で買取業者を探して売る場合は、日数があくこともあるわけです。

    代替交通機関がないときは、訪問査定等を申し込む際に契約には代車があることが不可欠であると伝えておかなければなりません。

    代車ありを謳っている業者でも店によっては台数が限られていたり、もともと用意していないところもあるため先に確かめておかないとあとになって困ることになります。

    売却したい車で店舗に乗り付けて当日中に査定してもらいたい時は、待つことさえ厭わなければ基本的に飛び込みでも大丈夫です。

    但し、持ち込んだ一社にしか査定してもらえませんから、基準となる相場もわからないまま価格交渉に臨むことになります。

    ですから相場より安い価格で売買契約を結んでしまう危険性もあります。

    一社より多数の会社に出張査定依頼するほうが価格面で良い結果が得られるので、いま一度考えなおしてみましょう。

    ローン完済前の車を売るときは、完済してからでなければ車は売れません。

    ローン返済中は車の所有権はローン会社が持ち、所有者としても普通はローン会社が登録されているからです。

    業者に売る前にローンの残りを一括返済しきれれば良いのですが、それが無理なら決定した査定額を使って債務の残りを差し引くというやりかたもあります。

    但しこの場合は相手方の同意が絶対条件となり、必要書類も多くなります。

    大きな契約の時には特に、充分な注意力を払っているでしょうがそれでもなお、予期せぬいざこざに巻き込まれてしまう場合があるでしょう。

    車売却の際にたまにあるケースとして、もうすでに契約が終わっているのに「問題が新たに見つかった」などといわれて買取額を減額する場合があるので気を付けなければいけません。

    このような場合に、もし自分側が事故や故障などの履歴を隠していたケースならばきちんと申告しなかった自分側が責任を取る必要があるでしょう。

    でも、隠し事をしていたりしないのであれば、見積もり時に見落とした方が悪いので、売り手側に責任がないのですから承服しなくても良いのです。

    車を手放す際に、車検の残り期間がほぼそのまま残った状態では、見積もりの際に金額がアップすることが多いです。

    でも、車検の有効期間が一年を切ってくると価値もドンドン下がっていって、残りの有効期間が半年を切るようになってしまうと既にプラス査定は期待できなくなります。

    でも見積金額アップを狙って売却前に車検を通すことは無意味といって良いでしょう。

    たとえ車検の有効期限がフルで残っているような場合でも、車検にかかる総費用分以上に査定金額の上乗せはないからです。

    車を持っている人なら入ることが義務付けられている自賠責保険ですが、これは一定の条件が整えば自動車を手放すときに還付金をもらうことが可能です。

    その一定の条件というのは、自賠責保険の残り有効期限が一ヶ月以上あって、廃車にすることを決めた場合です。

    廃車にせずに車を売却するときは還付されないのです。

    さらに、還付金がある場合でも手続きなしに入金されるという事はないのです。

    保険会社に対して自分自身で書類の手続きをして還付されるものなのです。